シンボルイメージ

◎初めてスマホで料理を撮影

8月号から表紙や内容が新しくなりました。新連載「簡単! 時短! 手作りおかず」に「電子レンジでラタトゥイユ」」が高齢者の私にもわかりやすいカラー写真で説明・紹介されていました。

さっそく私たちも作って、おいしくいただきました。彩りもよく、完成した料理を初めてスマホで写し、LINEで会友皆様に送信することもでき、喜びをいただきました。

コロナで、朝起会参加を自粛して寂しい思いをする高齢の私ですが、新しいことに挑戦できたことが感謝でございます。

(ヨツコ)

◎手作りアイスを夏の定番に

『倫風』が8月号からリニューアルされました。ワクワクしながらページを開くと、簡単に手作りできるおやつを紹介する「しあわせなおやつ時間」に目が止まり早速スーパーへ材料を買いに行きました。手作りお菓子はよく作りますが〈アイスクリームは買うもの〉と思っていました。簡単にできてびっくり。スイーツ好きな主人も「あと味スッキリで美味しいね!」と珍しくめてくれました。夏の定番になりそうです。

(きょえちゃん)

◎銀行員の方からうれしい言葉

今春、毎月集金に来られる銀行員の方が担当を代わられました。前任の方は会友になってくださっていました。引き継がれた方にも『倫風』誌をお渡ししています。

先日、「この『倫風』は銀行内で回覧させてもらっています」とうれしい言葉をいただきました。

一人でも多くの方に会誌をお読みいただきたいと思います。

(さぬきうどん)

◎違いで磨こう人間を

「文は人なり」、顔形は見えなくとも文章を通して人を見ることが出来ます。人間の顔はみんな違う。だから文もみんな違う。自分と同じ文なら感動などしません。違うから感動するのです。風に姿形はありません。みんな違う。文の如く、風の如く、違った色で生きよう。人間みな同色に染まった時が一番危険なのです。「倫風」の如くそれぞれ違った色で人間を磨き上げたいものですね。

(名作)